只今、妊娠日記から育児日記にお引っ越し中
引っ越し先はこちら→
★みっくすジュース vol.2★

こんにちはかわいい

11月8日産まれの女の子のママです黒ハート

久しぶり?の赤ちゃんのお世話にバタバタしていますが

マイペースで育児日記を書いていますリボン



ひらめき現在育児でバタバタして心に余裕がない為、

コメント欄はたまにしか開けていませんが

開いている時は気軽に一言もらえると嬉しいです^ ^


ご用の方はこちらのメールフォームからお願いしますmail to

只今「2010年度生まれの子」のカテゴリーに参加していまするんるん


にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月〜11年3月生まれの子へ
にほんブログ村




●週数による胎児の平均推定体重●  クリックで開きます→


只今一部編集中…

●おむつなし、布おむつ育児のお買いもの●  クリックで開きます→




2010年08月28日

会陰用マッサージオイル(マッサージ法、 レシピ付)

27.aug.2010 005.JPG


私は全くしていないのですが(汗)
妊娠後期に入ると、会陰マッサージを始める方も多いようです。
そして皆さん悩むのがマッサージオイル。
使う場所が場所だけに、やっぱり安心して使えるものを探しているようです。
オイルは浸透性が高く、特に粘膜は皮膚に比べて40%以上も吸収率が高いので、
ナプキンなどもそうですが、経皮毒の害にさらされやすい場所なので、
妊娠中もそうでなくとも、特に女性は気をつけたいですね。
そこでまたまたアロマの出番☆
何が入っているか分かるのは安心です。

●会陰用マッサージオイル●

ホホバオイル、またはスイートアーモンドオイルなど 10ml
市販されているベビーオイルはほとんど鉱物油(ミネラルオイル)なので×。




精油(真正ラベンダー) 1滴


精油(テーィツリー) 1滴



以上を良く混ぜ、少量を指先にとってマッサージに使います。


●会陰マッサージの方法●
色々なやり方があるので、試してみてやりやすい方法、
または組み合わせてどうぞ。

1:親指を膣の中に3cmほど入れ、親指を下の方に向かって何回かに分けて押し下げる。

2:親指を膣の中に3cmほど入れ、左右にUの字型に移動しながら押す。

3:会陰部の中央(膣と肛門部の中間部分)の皮膚下の方に向かってマッサージ。

いずれも2分から5分程度行うだけで十分です。
体勢も自分がやりやすいように。
またお腹が張ってきたり、不快感があるような時は中止して下さい。

※このレシピは実際にアロマテラピーを導入している病院等で使われているものですが、
現在通院されている方は、まずお医者様に相談してから使って下さい。




いつも応援ありがとうございます^ ^
皆さんのクリックが励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ミカ at 00:00| 妊婦のアロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

妊娠中の浮腫み解消用マッサージオイル(レシピあり)

6.March.2010 053.JPG


妊娠中に多くの女性が抱えるトラブルのひとつ、浮腫み。
私もちょっと食べ過ぎたなぁと思う日は、翌朝脚が浮腫むこともありますが、
体重が急激に増えたりすると浮腫みやすくなったり、
また妊娠中は血中の水分量が増えるため、
特に異常がなくても生理的な水血症による浮腫みも出やすいです。
そんな時に浮腫み解消のマッサージオイル☆
お風呂上がりなどにゆっくりオイルがなじむまでマッサージすると効果的です。

●妊娠中の浮腫み解消用マッサージオイル●

精油(レモン) 1滴


サイプレス 1滴


植物性オイル10ml
(お好みですが、特にお勧めは下にあげたオイル)






以上を良く混ぜて、むくんでいるところをマッサージします。
レモンは血管拡張作用があり、サイプレスは静脈系やリンパ系のうっ血に効果的です。
(レモンの精油は光毒性があるので、使用後直射日光に当たらないで下さい)

アプリコットカーネルオイルは私の大好きなオイルの一つですが、
トップの写真は親戚の家にある大きなアプリコットの木。
今年の3月にお邪魔した時に撮った写真ですが、
桜みたいなお花が可愛いですよね♪

※このレシピは実際にアロマテラピーを導入している病院等で使われているものですが、
現在通院されている方は、まずお医者様に相談してから使って下さい。




ブログランキングに参加しています^ ^
応援してもらえると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ミカ at 00:00| 妊婦のアロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

カンジダ膣炎にアロマ洗浄液(レシピあり)

image 002.JPG


妊娠中やピル服用中に多い、カジンダ膣炎。
特にピル服用中の方は抗生剤を使っても何度も繰り返してしまう傾向に。
私も以前ピルを服用していた時にカンジダを発症してしまいましたが、
免疫力が落ちている時など、一時的に発症することもあったので、
妊娠してからはまた意識して注意しています。
具体的にはアロマの洗浄液でトイレの後などに洗浄すること。
すでにカンジダ炎を発症している人も、
きちんと病院へ行ってお薬などを服用しつつ使えるし、
予防的な意味でも使えるので便利です☆

●カンジダ膣炎用洗浄液●

フローラルウォーター(ラベンダーまたはティーツリー) 100ml



精油(真正ラベンダー) 2.5ml(50滴)


精油(ティートゥリー) 2.5ml(50滴)


上記の材料を清潔な容器に入れて良く混ぜれば洗浄液の出来上がり。
すでにカンジダ炎を発症している人は、
市販のビデなどに入れて一日数回膣内を洗浄すると効果的です。
予防的に使う場合は、トイレの後にシュシュっとして軽く拭いて下さい。

※このレシピは実際にアロマテラピーを導入している病院等で使われているものですが、
現在通院されている方は、まずお医者様に相談してから使って下さい。




ブログランキングに参加しています!
皆さんのクリックが励みになります^ ^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ミカ at 00:00| 妊婦のアロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

妊娠中の不眠にカモミール・ローマン

24.July.2010 002.JPG


妊娠中の不眠は大きく分けて二つあるようで、
ひとつはホルモンバランスの変化によって引き起こされるもので、
それに伴う情緒の不安定さやストレスからくるもの、
または妊娠後期の場合は、産後の育児に備えての本能的要素。
もうひとつはつわりや大きくなるお腹など、身体的な変化によるもの。
いずれにしても妊娠中の一過性のものなので、
あまり心配する必要はないようですが、
やはりぐっすり眠れないというのは心身ともに辛いものです。

私もしばらく寝つきが悪い日が続き、
朝も眠くて疲れているのに早く目が覚めてしまい、
なんとなく頭も身体もさっぱりしない毎日を送っていました。
そんな時に効果があったのがカモミール☆
私の場合は寝る前にシャワーを浴びるので、
その後使う自家製のボディオイルに
カモミール・ローマンと真正ラベンダーの精油を入れてみたのですが、
なんとその日から寝つきが良くなり、だいぶ不眠が解消されました^ ^

カモミール・ローマンは妊婦や赤ちゃんも使える穏やかなハーブ。
精油だけでなく、ハーブティなどもお勧めです^ ^







※カモミール・ローマンと真正ラベンダーは妊娠中も使えますが、
使用出来ない精油もありますので、その他の精油を使う際は、
必ず専門知識のある方に相談して下さいね。
また100円ショップなどで販売されている安価なものは、
溶剤抽出されているものなので、必ず品質の良いものを選んでください。




ブログランキングに参加しています!
応援してもらえると励みになります^ ^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ミカ at 00:00| 妊婦のアロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。