只今、妊娠日記から育児日記にお引っ越し中
引っ越し先はこちら→
★みっくすジュース vol.2★

こんにちはかわいい

11月8日産まれの女の子のママです黒ハート

久しぶり?の赤ちゃんのお世話にバタバタしていますが

マイペースで育児日記を書いていますリボン



ひらめき現在育児でバタバタして心に余裕がない為、

コメント欄はたまにしか開けていませんが

開いている時は気軽に一言もらえると嬉しいです^ ^


ご用の方はこちらのメールフォームからお願いしますmail to

只今「2010年度生まれの子」のカテゴリーに参加していまするんるん


にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月〜11年3月生まれの子へ
にほんブログ村




●週数による胎児の平均推定体重●  クリックで開きます→


只今一部編集中…

●おむつなし、布おむつ育児のお買いもの●  クリックで開きます→




2010年12月04日

出産裏話

今日は先日ざっとしか書かなかった
出産時のお話を…


まず破水して朝の7時に産科クリニックへ到着した訳ですが、
陣痛らしきものは全くなく、
それでもその前日におしるしもあったし、
当日中には産まれるんだろうな〜と思っていた私。
けれど最初のNSTの結果をみて助産婦さんが一言…

「とりあえず24時間待って、
陣痛が来なかったら促進剤を使いましょう」


えっ??
24時間待つ??
正直、破水をしていたので
あんまり長く待つことはないだろうと思っていたので、
ちょっと拍子抜けというか、嫌な予感が>_<
とりあえず二人部屋へ案内されると、
そこには促進剤を投与されたばかりの妊婦さんが。
二人とも陣痛待ちか…と思いながら、
全く本格的陣痛が来そうにない私は、
夫と1時間院内をウォーキング。
しばらく休んで、またまたウォーンキング。
別の妊婦さんもお母さんらしき人と一緒に歩いていたけれど、
そちらはかなり陣痛が進んでいる状態らしく、
途中で何度も止まってはウゥゥ〜っと痛みをこらえてましたが、
私は全然スタスタ歩ける状態orz
夕方から夜にかけてやっと、
途中で止まらないといけない位の痛みを伴う陣痛が来るも
子宮は全然開いてこない。
再び嫌な予感の私>_<

その間同室の妊婦さんは、
旦那さんと、(たぶん)お母さんと妹が夜までずっと居て
ひたすらおしゃべりしたり、お菓子を食べたり…
まぁそれは良いのだけれど、なんとこの家族
1時間おきに妊婦さんの含めて煙草を吸いに外へ出るのです!(驚)
夫はその妊婦さんも家族も信じられないと言っていましたが、
自分が煙草を吸いに出た時に、別の妊婦さんもやっぱり煙草を吸いながら、
「さっき奥さんと一緒に歩いていたけど、どう?産まれそう?」
と話しかけられたそうで(汗)
夫は驚きとともに、呆れていました。
ただ、同室の妊婦さんも夫に話しかけてきた妊婦さんも、
話すとごく普通の人で悪い人ではないんですが、
二人とも出産のために入院しているのに、
それでも煙草を吸い続けるとは、さすがにびっくりしました。

話しは戻って、夜中になり一応出産出来るお部屋に移って、
そこでNSTを付け続けていたのですが、
そのお部屋の壁に、色々なポジションで出産する
図解付のポスターの様なものが張ってあったんです。
余裕があれば写真を撮りたかったのですが(笑)
バランスボールを使ったり、椅子に寄りかかったり、
四つん這いだったり、立ったままの状態だったり、
とにかく色々なポジションがあって、
陣痛の合間に夫とネタにして笑っていたのですが、
しばらくすると助産婦さんがやってきて、
「どうやって出産したい?」と訊いてきました。
…いや、どうやってって^ ^;
事前にクリニックの方針などを知らなかったのですが、
こちらの産院では、壁のポスターのように
妊婦さんの自由な状態で出産できるらしく、
実際そのお部屋にはお風呂みたいなものがあって、
「お風呂で産む?」ってさらって提案されましたが、
さすがに普通の分娩台で産むんだと思っていた私には、
フリースタイル出産も、お風呂での水中出産も
心の準備が全く出来ていなかったので
「とりあえずベッドで普通に産みます」と答えました(笑)

しかし、その後なかなか子宮が開かず、
助産婦さんがこのままでは長時間かかってしまうので、
無痛分娩への切り替えを提案してくれたため、
急遽、無痛分娩の為に別のお部屋で産むことになり、
陣痛の合間にささっと移動。
するとやっぱりそこにもお風呂が(笑)



↑の写真は麻酔が効いてきて
ようやく余裕が出てきた私を笑わせようと
夫がポーズを取っているところですが(笑)
右奥にお風呂が写っています。

麻酔が効いてきて、しばらくすると
それまで担当していた助産婦さんは交代して、
以前面談をした助産婦さんが来ました。
それまでも色んな助産婦さんが対応してくれて、
皆それぞれとっても良い人だったのですが、
この助産婦さんが私は一番好きで相性が良かったので、
その助産婦さんが出産を担当してくれて嬉しかったです^ ^
そしてこの助産婦さんも、一通り様子を訊いてから、
「お風呂で産む?」と訊いてきました(笑)
この産院では日常なのか、人気なのか分かりませんが、
皆がお風呂で出産を勧めてくるのですが、
どうもいきなり事前説明もなくで、そんな気になれず^ ^;
再び普通に産みたいと希望を告げたのですが、
普通にイメージする内診台みたいな分娩台ではなく、
リクライニングする普通のベッドみたいなところで産むことに。

そしていざ出産が始まると、
助産婦さんが一人ですべてをこなしているので、
夫もなんとなく助手のように助産婦さんの横に陣取り、
お股全開の私の足元に立っているではありませんか。
出産前は、やっぱり"出てくるところ"はちょっと…
なんて言っていたのに、そこに立ってるって!
もう24時間寝ていなし疲れているし、
やっと産まれてくるんだ!ということで、
ちょっとテンションがハイになってしまったのか、
広い分娩室に私と夫と助産婦さんだけなので、
夫も何かしなければと思ったのか、
結局、立て膝でギュッと抱えた私の脚を
助産婦さんと一緒に押して声かけする夫。
何だか普通にさまになっています(笑)



とにかく無事にアリスが出てくると
まずは私の胸に乗せてくれ、
そのままの状態で夫はへその緒カット。
これも事前に絶対無理と言っていた夫。
「なかなか切れなくて3回くらい切りなおしたよ〜」
と産後に余裕の表情で話してくれた夫。
結局、お産フルコース体験してるし(笑)

それでも助産婦さんが仕事を終えて
分娩室に夫とアリスと3人になると、
まだ眠気まなこでモニョモニョ動くアリスを見て
夫もほっとしたのか、涙ぐんでいました。



そして日本ではたいてい赤ちゃんが産まれると、
足の裏などにマジックで、ママの名前を書かれますが、
こちらでは入院した時点で赤ちゃんの名前を聞かれ、
産まれた赤ちゃんの脚に付けるタグも
↑ の写真にある、赤ちゃんのベッドに付けるタグも
ママの名前ではなく、ちゃんと赤ちゃんの名前を入れます。
そして産院で母子手帳的な健康手帳のようなものをもらうのですが、
もちろんそこにもちゃんとアリスの名前が書いてあり、
入院時に受けた検査や、退院時にもらった処方箋も
ちゃんとアリスの名前で書いてあります。
こうしてアリスは我が家の一員になったのでした♪



今日は長い日記を最後までありがとうございます☆
最後にクリックしてもらえると嬉しいです^ ^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

※ お知らせ ※
本日はコメント欄を開けています♪
気軽に一言頂けると嬉しいです^ ^
posted by ミカ at 00:00| Comment(2) | 出産〜入院中の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アリスちゃんとみかさんの初2ショットのカンガルーケアの写真素敵ですね(*^_^*)あの瞬間はもう何とも言えない感動の瞬間ですよね。
にしても旦那さん背が高くて素敵な雰囲気があの写真(笑)からでも伝わってきます(笑)
ナイス助産師さんの助手っぷり、素晴らしいですね!

お風呂で出産、面白そうですね、痛みが軽減されると聞きますがどうなんだろう。
無痛もしてみたいし、もしまた授かれたら今度こそ100回もいきむことなく産みたいです!(^^)!
足の裏にマジックは無かったですが、タグは腕と足両方に付けてましたが、産まれてすぐに名前を書いてもらえるのは嬉しいですね(*^_^*)

出産秘話を読ませていただくと自分の出産も思い出してしまいます。懐かしや〜〜。
Posted by モチコ at 2010年12月11日 16:11
★モチコさんへ

コメントありがとうございます^ ^

カンガルーケアは本当に感動しますよね!
ほんの今さっきまでお腹の中にいた赤ちゃんが、
お腹の上に乗っかっているなんて。

お風呂出産ですが、
事前に分かればもっと色々聞いてみて視野に入れられたのかも知れませんが、
いきなり陣痛の最中に提案されても、
あまりに突然で受け入れられませんでした^ ^;

出産時の細かいところは、こうして書いておかないとすぐに忘れそうなので、
自分の為にも書いて残しておこうと思いました。
これからアリスが大きくなって、
憎たらしくなった来たら、
自分で読み返して頑張ろうと思います(笑)
Posted by ミカ at 2010年12月12日 19:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。