只今、妊娠日記から育児日記にお引っ越し中
引っ越し先はこちら→
★みっくすジュース vol.2★

こんにちはかわいい

11月8日産まれの女の子のママです黒ハート

久しぶり?の赤ちゃんのお世話にバタバタしていますが

マイペースで育児日記を書いていますリボン



ひらめき現在育児でバタバタして心に余裕がない為、

コメント欄はたまにしか開けていませんが

開いている時は気軽に一言もらえると嬉しいです^ ^


ご用の方はこちらのメールフォームからお願いしますmail to

只今「2010年度生まれの子」のカテゴリーに参加していまするんるん


にほんブログ村 子育てブログ 2010年4月〜11年3月生まれの子へ
にほんブログ村




●週数による胎児の平均推定体重●  クリックで開きます→


只今一部編集中…

●おむつなし、布おむつ育児のお買いもの●  クリックで開きます→




2010年10月27日

BSS(バースサポートシステム)で出産








※まず、タイトルで「もう出産したんだ!」
と思ってきて下さった方、ごめんなさい!
まだ産まれていません^ ^;
これは過去の出産のお話ですので、ご了承ください!



臨月に入り、いつ出産となっても良い私ですが、
周りの妊婦さん達が次々と出産され、
その様子を聞かせてもらって、
今は産院によって色々あるんだな〜と感心しつつ、
ふと自分の出産を振り返ってみました。
すると実は私、すでに2人出産しているのですが(汗)
かなり遠ーーーーい昔の事とはいえ、
当時にしてはかなり最新のシステムが導入された産院で出産してました(笑)

当時の産院は母親学級はもちろん、
地方の田舎の産院にも関わらず、
マタニティヨガや産前産後のエアロビクス、
栄養指導教室にベビーマッサージ教室などなどがあり、
(現在ではアロマ体験教室やティーサロンでの集いなども!)

そして食事は3食ともハズレなしのおいしいメニューで、
曜日によって地元のイタリアンレストランのメニューや
料亭の豪華な懐石風のお弁当など。
朝食のパンも地元で評判のパン屋さんのパンで、
おやつの時間のスイーツも同じく味に定評のあるお店のもの♪♪
およそ病院とは思えないようなゴージャスな食事でした^ ^

また母乳指導も大変熱心で、
分娩台の上で初乳をあげられたのも、
とても良い思い出になったし、
その後、完母で頑張れたのも、
この産院の熱心な指導のお陰かなと思っています。 

そしてなんといっても、当時最新の(?)システムBSSでの出産は、
「おぉ〜田舎でこんなシステムが…」と感心したのを覚えています(笑)
リンク先を見てもらうと分かるのですが、
BSSはソフロロジー的な要素を持っていて、
妊婦さんをリラックス状態に導くために、
音楽と映像と照明を使ったバースサポートシステム☆
スタッフによると、あまりに気持ち良くて
陣痛の最中に眠ってしまう妊婦さんもいるとか(笑)

また妊娠中期からイメージトレーニング用のCDをもらって、
自宅で音楽を聞きながら呼吸法を練習したり、
リラックスの方法を身に付けるなど、
今思えば、とっても良いサポートを受けていたなと(笑)
にも関わらず、実際の出産では強い痛みの為に、
BSSの恩恵はあまり感じられなかったのですが^ ^;
それでも出産後の癒しの映像と照明は良かったのを覚えています。
…トップの写真は産まれた当日の娘です☆

今回の産科クリニックは、夫の大仕事以外は(?)
ごく普通の?分娩になると思うので、
産前産後ともにいたせりつくせりの以前のクリニックが、
ちょっと懐かしいと感じる今日この頃です^ ^;

これから出産の皆さんは、
どのようなバースプランですか?



ランキングに参加しています♪
応援してもらえるととっても嬉しいです^ ^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

※ お知らせ ※
本日はコメント欄を開けています♪
気軽に一言頂けると嬉しいです^ ^
注:スパムフィルターを使っている為、
ブログのURLなど一切書きこめない設定になっていますので
ご了承ください<(_ _)>
posted by ミカ at 00:00| Comment(8) | 出産〜入院中の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真の赤ちゃんかわいいですね♪

リラックス出来る状態にしてくれるBSSを取り入れていたり、おいしい食事♪、最高の産院だったんですね*^^*

私は、夫の立会い出産と、カンガルーケアを希望しています^^母乳育児に力を入れている病院で、食事は結構おいしいらしいです☆(マクロビスイーツが出ることも♪)
ただ、会陰切開をしない方針の割には、今まで聞いた同じ産院で産んだ経産婦さん、どの方も裂けてしまったそうなので、裂けるなら切開して欲しい。。。と思っています><
Posted by るんるんば at 2010年10月27日 08:16
日本の至れりつくせりいいですよね。
私もこちらでいう普通の分娩です。
何もなければ1日で退院。

ただ母乳育児をすごく推薦していて、
母乳の問題なのどの専門機関も設けていて、
他の病院で産んだ人たちも来るぐらいなので、
そこだけは安心できそうです。
Posted by こえだちゃんの木 at 2010年10月27日 13:38
★るんるんばさんへ

写真は娘なのですが、
本当に産まれたばかりの様子なので、
まだお顔は真っ赤、羊水でブヨブヨです^ ^;

今思えばあんなに昔に?
BBSで出産できたのはラッキーだったと思います☆
正直地元の近所の産院で、
特に期待もしていなくて、
だいたい地元の人はそこで生むという感じだったので、
別に私も特別選んだわけではなかったのですが、
振り返れば最高の待遇を受けていたようです(笑)

会陰…裂けるなら切開して欲しいですよねぇ…
るんるんばさんはバースプランでそのあたり希望を出していたようなので、
もし駄目そうなら、避ける前に切開して、
あとできれいに縫って欲しいですね!
Posted by ミカ at 2010年10月27日 15:59
★こえだちゃんの木さんへ

なんだかんだ言っても、
やっぱり日本の医療サービスは優れていると思います!
まぁ出産には50万前後払うので、
これくらい贅沢させてもらってもばちは当たらないでしょう(笑)

そちらはどうか分かりませんが、
アメリカなどでは国民健康保険的なものが無く、
ほとんど任意保険にも入っていないので、
出産入院となると100万以上かかるとか…
それで皆、日帰り出産すると聞いたことがあります。
なので産後日本のようにあまり動かず過ごすというのは難しいようですが、
アメリカの産科医も、産褥期の大切さは訴えているようですね。

母乳育児は今世界的に強く推奨されていますよね。
私も上の子を完母で育てたので、
今回も頑張りたいです^ ^
Posted by ミカ at 2010年10月27日 16:09
100万円!!!それは大きいですね。
こちらは保険があるので、出産に費用は
かかりませんが、その分普段の税金は高く
取られているので、無料とは言いにくいです。
でも、この間の入院費も払わずにすんだので
助かりました。
Posted by こえだちゃんの木 at 2010年10月27日 20:08
★こえだちゃんの木さんへ

そちらはちゃんと保険があって良かったですね☆
確かにヨーロッパ諸国も出産にかかわる費用は無料化というのが一般的みたいですが、
やはり税金が高いのは共通。
まぁ財源あっての無料ですから仕方ないですね。
ただやはり無料だと入院なども必要最小限ということで、
1〜3日で退院というのが普通のようです。
Posted by ミカ at 2010年10月27日 21:10
娘さんかわいいですね〜!
産まれた当日ってことは、臨月になるとこんなにしっかりした状態でお腹の中にいるってことですもんね。(当たり前か…)
でもとっても不思議です♪
至れり尽くせりの産院良いですね!
一生に何度もないと思うと二人目とかで経験してみたいけど、我が家の現実はそう甘くなさそうです(笑)

正産期突入おめでとうございます!!
これでいつでもって思うと、本当安心ですね。
36週と比べるとやっぱり大きくなってますね!一週間でこの成長と考えると、日々少しずつ大きくなってるんだなって赤ちゃんの成長に驚かされます。
Posted by ねね at 2010年10月28日 16:33
★ねねさんへ

娘は3200gあったので、
産まれた時からしっかりしていて扱いも楽でした^ ^
そして、そうですよね!
今、まさにこんな感じの?赤ちゃんがこのお腹に(笑)

私の場合、上の子の出産の時は、
実家のある町唯一の産院だったので、
特に選んだわけではなかったのですが、
たまたまそこが県下で当時唯一BSSを導入している産院でした(笑)
費用は2人とも休日の深夜と早朝産まれで、
しっかり割増でしたが43万円くらいで、
特に高い訳でもないと思います。

次の健診までまだ1週間以上あるのですが、
小さめで心配だったアリスも、
今度は大きくなりすぎるんじゃないかと心配しています^ ^;
なので出来れば次の健診位に産まれて欲しいと勝手に願ってます(笑)
Posted by ミカ at 2010年10月28日 21:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。